ガスパ活動記録(しない)

ツイッターに載せきれない長文とかを投稿するよ

調理職人日記 ~ガーディアンサラダ~

 調理職人を支える調理レシピは、ギルドで認可された食材とフライパンを使うことでしか作れない。レシピに則らない料理は、調理職人の料理として認められず、腕を認められることも名声を得ることもない。僕はこの現状に納得がいかないのだ。世界が信じるレシピを、僕が作る新しいレシピで覆してみせる――

 

 

 先日は料理と飲み物の相性を軸に考えを進めたわけだが、今日はもっと根本的な発想、既存のレシピに手を加えてみようと思う。エルフの飲み薬をそのままスープの水分にしてみようか。せいすいでもまほうの小びんでもいいけれど。とりあえず買い出しに行こう。

 店の外に出ると、箒を持って落ち葉を端に寄せているタヤーカちゃんがいた。この子は最近雇ったコンシェルジュのウェディの女性で、主に庭にいる。いい笑顔でお客様を迎える担当。

 

「買い出しに行くけど、何かいる?」

「おつかいなら私が行きましょうか」

「いや、新レシピのアイデア探しだから自分で行くよ。方向性が全く浮かばなくてさ」

「なるほどー。あ、じゃあですね、サラダ食べたいです」

「サラダか。うん、今日はサラダについて考える日にしよう」

 

 普段だったら朝でも昼でも賄いに肉料理を要求してくるタヤーカちゃん。ダイエット中なのか、とは聞かないでおいた。

 

 

 さて、調理職人にとってサラダといえば『ガーディアンサラダ』のことだが、これが実に不思議なレシピである。使うのは、魚の切り身、しゃっきりレタス、デリシャスオイル、のみ。サラダのくせにレタスしか野菜がない。切り身が目立っていて、なんだかカルパッチョみたいだ。しかし、レシピがサラダと銘打っている以上、これはれっきとしたサラダなのである。誰がなんと言おうとも。

 この違和感を解消してみよう。野菜が足りないのだ。料理に使う野菜といえば、しゃっきりレタス、まんまるポテト、ジャンボ玉ネギ、びっくりトマトだ。このへんをガーディアンサラダにありったけ加えてみるか?

 特に良いアイデアも浮かばず、バザーで野菜と雑貨品をいくつか購入して店に帰った。

 

 

 新レシピの研究とはいえタヤーカちゃんに食べさせるものだし、適当でいいか。ガーディアンサラダのレシピにいろんな野菜を加えて……

 

「おまたせ、タヤーカちゃん。『4種野菜のガーディアンサラダ』です」

「ほほーう、見た目の華やかさはいつものガーディアンサラダを優に越えていますね。いただきます」

 

「いいですねこれ! 野菜の種類が豊富な分、色々な味と食感が楽しめて、美味しいしボリューム的にも満足です……が、それだけですね」

「やっぱりそうか……」

 

 ギルド発行のレシピとそれ以外の料理との違いは、食後に身体に及ぼす一時的な効能の有無である。バトルステーキを食べれば筋力が増し、スタースイーツを食べれば魅力が増す。レシピに手を加えて、より美味しい料理を作ること自体はさほど難しくないのだが、調理職人の料理として成功と言えるのは、身体への影響を与えられてこそなのだ。その点において、僕はまだレシピの改訂に成功したことがない。

 

「すごく美味しいですが、体感としては普段のガーディアンサラダほどの効能は感じませんね。頑強さを求めるなら、いつも通りのレシピのほうが圧倒的に効果があります」

 

 レシピに手を加えると効能が弱まるのは当たり前、下手をすれば効能がなくなることもある。理由はわからない。

 タヤーカちゃんがこんなに料理のことを理解している理由も、よくわからない。

 

「ま、私としては別に効能を求めているわけじゃないですし、とっても満足なんですけどね。今日もごちそうさまでした」

「お粗末さまでした」

 

 

 世界が信じるレシピを覆すような料理の研究は、依然として難航していた。

 

 

 

 調理職人日記 ~4種野菜のガーディアンサラダ(失敗)~