ガスパ活動記録(しない)

ツイッターに載せきれない長文とかを投稿するよ

シェフは自慢の店を語る

 ようこそ【ビストロ ガスパール】へ。

 お客さん、今日が初めてのご来店ですか。ありがとうございます。こちらのカウンター席へどうぞ。

 ご注文はお決まりでしょうか。おっとすみません、メニュー表はこちらです。

 

  • 前菜   スマッシュポテト
  • スープ  マジックスープ
  • 魚料理  いやしのムニエル
  • 肉料理  バトルステーキ
  • デザート スタースイーツ

 

 この順番でお楽しみいただくのが『フルコース』です。そんなには食べられない? なるほど。では、まずはお好きな一品をお召し上がりください。形式ばらず、自由にお楽しみいただいて構いませんよ。

 はい、かしこまりました。『いやしのムニエル』ですね。少々お待ちください。

 

 お待ちいただく間に、当店の紹介でもしましょうか。僕が勝手に話すだけなので、興味がなければ聞き流してくださいね。

 料理屋【ビストロ ガスパール】。当店は初め、グレン城下町から程近い雪山にありました。今でこそ珍しくもありませんが、当時はまだ料理屋は殆どありませんでした。作り置きの料理を購入するのが主流の時代でしてね。

 初めのうち、お客さんは少なかったです。お客さんの目の前で料理を作るなんて美味しさが不安定だし、そんな店が流行る訳がないと言われたこともあります。

 別に儲けたいわけではなかったので、細々と営業を続けていました。そうしていたら、ありがたいことにお客さんの口コミや宣伝のおかげで、少しずつ客数が増えていったんです。店の落ち着いた雰囲気や、僕たちが料理をする姿を気に入っていただけたようです。

 そして開店から一年後に、店舗をここ、ガタラの住宅街に移して営業を続けております。移設前と比べて、ずいぶん豪奢になった店内に驚いたお客さんも多かったですね。

 おかげさまで収益も安定してきたので、最近では世界のあちこちに支店を出しているんですよ。といってもジュレットの町に二店舗あるだけですが。海鮮を使った料理が自慢の『ラ・メール店』、メニューはどんぶりのみの『がすぱる亭』、どちらも素敵なお店ですよ。機会があったらいらしてください。

 

 さ、おまたせいたしました。『いやしのムニエル』でございます。温かいうちに、どうぞお召し上がりください。

 

 美味しいですか。よかったです。僕も自信をもって最高の出来と言える皿に仕上がりましたからね。美味しいでしょうとも。

 実を言うと、僕はそこまで料理が得意なわけではないんです。下手ではないので多目に見ていただけると助かります。料理が上手いのは、他のコックたちですね。特に……そっちにいるウェディのペルトドリス。彼は小さいながらも自分の店を持っているほどの実力者で、安定した腕を持っています。他のコックも調理ギルドに認められた凄腕の料理人たちです。

 店内に何人かウェイトレスがいるでしょう。彼女たちはお客さんを案内して、料理を待っている間にお話するのが仕事です。仕事というか、好きにやっているだけですけどね。

 僕を初め、この店の従業員はみな、好きなことをしているだけなんです。営利目的ではないし、ましてや有名になりたいわけでもない。辛い思いをして働くなんて、つまらないじゃないですか。厳しい環境に身を置くなんて、僕も嫌ですしね。気楽にやらせてもらってます。

 

 おっと、一方的に話しすぎてしまいましたかね。すみません。お代はこちらにお願いいたします。

 当店の料理は、食材と調理器具にかかる費用、つまり原価程度の料金を頂いております。最近では赤字が心配になるくらいの破格で料理を出している店もありますが、僕はモノには正しい価値を支払うべきだと考えています。食材にも調理器具にも、それを作って売りに出してくれている方がいます。その苦労を、思いを無下にするような真似はしたくありませんからね。

 

 

 もうこんな時間ですね。本日は閉店でございます。

 ご来店、ありがとうございました。またのお越しをお待ちしております。