ガスパ活動記録(しない)

ツイッターに載せきれない長文とかを投稿するよ

雑TRPG『シェフの願い』7

【ランドン山脈:夜】

 

宿で一悶着あったパーティーと戦闘中のノワールたち。

 

サヤマ
「私たちが戻らないこと、きっと誰かが……最悪てっかまきさんだけでも気づいてくれます!持ちこたえましょう!!」
(全体のダメージが大きい……なんとか、なんとか耐えなきゃ)

 

マーガリン
「今度こそ…!!」
(僧侶にめがけて覚醒メラゾーマ!)

 

戦士は僧侶をかばった!

 

戦士
「やるじゃねぇか」


僧侶は戦士にベホイムを唱えた!

 

マーガリン
「くっ、かばわれてすぐ回復されちゃう…」
(僧侶に覚醒メラゾーマ!)

 

僧侶に大ダメージ!


僧侶
「く…!ベホイミ!」

 

ノワール
(向こうには僧侶がいるのでダメージを与えても回復されてしまう…。味方を倒してもきっと蘇生魔法をもっているのであろう。あの僧侶を一撃で仕留められるような大ダメージを与えないと…そんな技、我は持っていない…。しかしこのままでは、みなが…)

 

マーガリン
「もう一回やればきっと…!」
(僧侶に覚醒メラゾーマ!)

 

僧侶はメラゾーマを受けて遠くまでふっとばされ、動かなくなった。


戦士
「やりやがったな!」

 

マーガリン
「僧侶は倒せた…!次っ!」
(戦士たちにマヒャド!)


ノワール
「流れがこちらに向いてきたぞ!マヒャドか!ならばロイヤルステップ!」
(出たのはドラゴンステップだ!)


戦士と武闘家は突っ込んできてマヒャドを避けた!


戦士
「まずは1匹!」
マーガリンにはやぶさ斬り


サヤマ
「お二方っ避けて下さい!!!」
(盾を装備して敵との間に飛び込む)

 

とびこんだサヤマにはやぶさ斬りが襲いかかる…!

 

サヤマ
「ゲホッ……ううっば、バギマ……!」


戦士と武闘家は大ダメージを負った!


魔法使い
「あなた、虫の息じゃないの!」
サヤマにメラゾーマ

 

サヤマ
「スペル、ガード……!」

 

 

スペルガードは間に合わず、メラゾーマをくらったサヤマは激しく宙を舞った……

 


【ランドン山脈 ほら穴跡:夜】

 

その頃、てっかまきたちは別れた仲間を探していた。


てっかまき
「サヤマー!どこだー!」


タツオ
「おおーいどこじゃー!!」

 

さなえ
ノワールー!マーガリンー!!どこにいるのー?!」

 

てっかまき
「2人ともはぐれないでね」


さなえ
「手を繋いだほうがいいわね。あんた達まで行方不明になったら更に大変だわ」

 

そのとき、目の前にとびこんできたのは瀕死のサヤマ……

 

てっかまき
「サヤマー!」


ノワール
「ああ、さやま…貴様等…さやまに何ということを!」

 

てっかまき
(敵に突進し、ぶんまわし)


戦士
「お前を待ってたんだよ!!」


てっかまきと戦士の激しい斬りあい!


てっかまき
「目障りだからさっさと寝ろ」


戦士
「俺と張り合うとはな!やるじゃねぇか姉ちゃん!」

剣と盾で上手く防いでいるが、ダメージが残っていて辛そうだ。


さなえ
「大丈夫!?今すぐ回復するわ!」
サヤマへザオラル


魔法使い
「おとなしくしてなさいな」
さなえへマホトーン


サヤマ
(目、開かない……2人は無事だったのかなあ……あっちこっちいたい……意識、とおく、……みなさん……)


さなえ
「うッ…!ごめんなさいねサヤマ、もう一度ザオラルを…!マホトーン?効かないわそんなの!耐性だけはしっかりしてんのよあたしは。(装備にお金回したせいで経営が危ういんだけどね…)」

サヤマへザオラル


サヤマ
「ゲホッ!ううっいたた……さなえさん……?」

 


てっかまき
「全員しねええ!」

ビッグバン!


戦士はついに膝をついた!

 

魔法使い
「しぬのはアンタだよ!!
てっかまきへメラゾーマ

 

てっかまき
メラゾーマで後方に吹き飛ばされる)


武闘家
「ビッグバンを氷結らんげきで軽減する、良いアイデアだろう?」


武闘家が突っ込んできた!なぎはらい!

 

ノワール
「さやまは出会って間もないが…我は同年代の女子と買い物などしたのは初めてだったのだ!許せん…貴様等も…みなを守る力もない自分も…我は舞うことしかできんが舞うことはできるぞ!!ステップのイメージが頭に浮かんでくる…頼む!みなに力を…」

 

 

荒神の舞】

 

 

タツオ
「いくぞー!!」
武闘家にスーパーハイテンションマヒャド


てっかまき
武闘家にスーパーハイテンション天下無双!


武闘家はたおれた!

 

ナックル
「例えばここで乱入とかどうだろうか」
ノワールばくれつけん


ノワール
「ふ、伏兵!?ぎにゃああ!」

 

てっかまき
「ゲッ!あのオヤジ生きてやがった!」

 

さなえ
「ハァ…ハァ……あ、あいつ…ッ!」

 

てっかまき
「先にあいつを!」
魔法使いへ渾身斬り!

 

タツオ
「ぐっ…めんどくさい相手まで来たか」
(てっかまきにマホカンタ)


魔法使い
「近づいてくるなんて馬鹿じゃないの!?メラミ!うわっマホカンタ!?……ごふっ」

 

てっかまき

「とどめだ、死ね」
魔法使いへ無心こうげき!

 

戦士のかばう!
戦士は倒れた。

 

てっかまき
「小癪な真似を……。どのみち同じだ」
魔法使いへ天下無双!
魔法使いは倒れた!

 

 

ナックル
「そう、大剣のきみが離れればなんてことのない集団だよ君たちは」
さなえたちへ岩石おとし!


さなえ
(岩石おとしを躱す)
「あんたもさっさと…くたばりさいよこの死に損ないが!!」
(ナックル周辺に断空なぎはらい)


ナックル
「おじさんはかつて無敗と恐れられた男だよ?君らみたいな初心者には負けないさ」
断空なぎはらいを軽く避けた!


ノワール
「あんなに強い敵を前にしても、みな闘志に満ちている…。我もへこたれん!がんばれ!がんばれ!」
(会心まいしんラップ)


タツオ
「さっきのほら穴で寝てるとおもったんだがねぇー起きてしまったかい」
(ナックルへメラゾーマ)


ナックル

「そんな間抜けにみえるかい?男のくせにひ弱な君とは違うのだ!」
メラゾーマを飛び越えてタツオに近づく!


さなえ
「初心者だからって舐めんじゃないわよ!みんなで力を合わせれば、どんなに強い相手にだって負けやしないんだから!」
(タツオの前に立ち、ナックルに氷結らんげき)


てっかまき
「背中がお留守だよおじさん」
(ナックルの背後から天下無双)


タツオ
「あの身体能力おかしいじゃろ!?」
(距離を取るために少し離れ、ナックルへメラゾーマ)


ナックル
「ぬぅん!背後からとは卑怯な!」
横っ飛びでかわす!

 

タツオのメラゾーマがてっかまきに向かうが、マホカンタで跳ね返ってナックルへ向かう!


さなえ
「さて、全部躱すことは出来るかしら?」
(ナックルにゴッドジャグリング)


ナックル
「妙なことを…!」
地面に向かってせいけん爆撃!
周囲の雪が(ありえないレベルで)爆散した!


サヤマ
「わっぷ!ま、前が見えません!」


雪が落ち着いたあとに残っていたのは、イエティの肉のみであった。

 

すべての 脅威を しりぞけた!


さなえ
「くぅッ…!に、逃げた……の…?」


サヤマ
「やった……みなさんのおかげで、す……」
(そのまま気絶するように眠ってしまった)


さなえ
「…サヤマ!!しっかりして!!」
(サヤマの元へ駆け寄る)


マーガリン
「はっ…う、うぅ…終わったの…?」


ノワール
「お、終わった…のか?うう…さやまよ…」
(サヤマのもとへ行こうとするも、力尽きてばたり)


てっかまき
ノワールさん大丈夫?」


ノワール
「ぐー…」


てっかまき
「なんだ寝てるだけか」


さなえ
「…みんな疲れているのね。そりゃそうだわ。本気の戦闘だったもの。一旦宿まで戻った方がいいかしら」


てっかまき
「……一旦戻ろう。この状態では先に進めない」


サヤマ
「むにゃ……よかった……ぐぅ……」
(傷だらけだが幸せそうに寝ている)


マーガリン
「これは…お肉?よかったら誰か持ってて…!」
(イエティの肉を拾う)


さなえ
「…あたしが貰っておくわ」
(マーガリンから肉を受け取る)

 

 

【橋上の宿:朝】


サヤマ
「ふあ……もう、朝?え!朝!?みんなは!?」


てっかまき
「いま宿に着いたところよ。敵はみんな倒したけど、みんな少し休まないとダメね。不眠不休で戦闘してたから山に登れないわ」


サヤマ
「なるほど、助けにきてくれてありがとうございました。全員無事で本当によかった……!ケガの手当て、しなきゃですね」
(自分の怪我も含め、てっかまきさん、眠っている仲間の手当てを始める)


さなえ
「まったくもぅ、心配かけさせないでよね!」


てっかまき
「これからどうしよう。あんまりグズグズしていても先にドリームを奪われてしまう。昼ごろまで休んだらまた登山する?」


ノワール
「我は調子全快だぞ」(腕をぐるぐる回す)


タツオ
「おぬし寝てたではないか…」


サヤマ
「私も手当ては終わったので……ここで休んでいても仕方ないですし、準備できたら出発するのにさんせいです」


てっかまき
「では、サヤマの言うとおり、すぐに準備して出発しましょう」


さなえ
「そうね、ここまで来て他の奴らにドリームを奪われるなんてごめんだわ!」


てっかまき
「では出発」